読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
横浜下町パラダイスまつりとは?
ART LAB OVA
ART LAB OVA
異文化×異世代ミックス・ジュース
「横浜下町パラダイスまつり」

毎年夏の終わりに、横浜最後の名画座シネマ・ジャック&ベティを中心に、日本、タイ、韓国、中国など近隣の人々や商店を巻き込んだアートな祭りと映画祭を同時開催。港横浜の裏通りの魅力を密やかに探求しています。
Centering around Cinema Jack & Betty, the last traditional cinema house in Yokohama, we are going to host art and film festivals involving nearby stores of Japan, Thailand, Korea and China. We explore charms of back streets in covert and look for the new feature of the downtown with multinational children.
<写真は、帽子おじさんと家族劇団「山縣家」>


●会場
  ①横浜パラダイス会館(シネマ・ジャック&ベティ1階)
②横浜市中区若葉町界隈

●主催
  ART LAB OVA
アートラボ・オーバ
*アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト

●共催
シネマ・ジャック&ベティ
*横浜最後の名画座とミニシアターをもつまちの映画館


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ART LAB OVAへメッセージ
インフォメーション

2010年05月29日

★『美術館・動物園・精神科施設』をみんなで読む会のお知らせ

▼白川昌生さんの『美術館・動物園・精神科施設』をみんなで読む会
~『職業としてのアーティスト』ではなく『生き方としてのアーティスト』とそのアウトプットについて考える

<定員に達したので締め切りました。>

ヨコハマ国際映像祭のアシスタントキュレーターを経験後、この春から各所で、「青空図書館」を開催している清水チナツによる読書会です。
アクティビズムアートという言葉を最近よく耳にするようになりましたが、アートにはそもそも、その側面はなかったのでしょうか?群馬県、赤城山のふもとで、ある自覚を持って活動してきたアーティスト白川昌生さんの著書『美術館・動物園・精神科施設』を読みながら、日常のさまざまな場所に出現し活動をすすめている「技能的実践家としてのアーティスト」に出会っていきたいと思います。

・会場 遠藤水城自宅(北千住駅徒歩15分)

・日時 2010年6月5日(土)
    【A】遠藤水城さようならCD+本セール(参加費無料)
    17:00北千住改札待ち合わせ
    【B】読書会
    18:30北千住改札待ち合わせ

・料金 1000円(遠藤水城カレー+読書会資料付)
    *おかず持込者500円引
    *ドリンクは各自持込

・予約 1)名前、2)参加動機、3)【B】への参加の有無、4)北千住待ち合わせ時間、
    5)【B】参加者はおかず持込有無、を記載して以下まで。
    *さようならセールのみ参加の方は17時待ち合わせになります。
    *読書会参加の方は、随時セールにも参加できます。
    *オーバの知り合いは1)3)4)5)だけ明記してください。
     artlabova★dk.pdx.ne.jp(★→@)

<【B】は定員に達したので締め切りました。【A】のみの参加は受付ます>



▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival



  

Posted by ART LAB OVA at 14:21Comments(0)★ART LAB OVAの関連企画

2010年05月23日

★センターグリル【花咲町|洋食】

久しぶりのセンターグリル。

Photomemo
▲手前左「ランチ」(という名前のメニューなので夜も可/チキンカツ・ハム・サラダ・ご飯)650円、
右「オムライス」650円、
奥「スパ・ランチ」 (チキンカツ・スパゲティ・サラダ・ご飯)750円。

オムライスのデミグラスソース前のほうが旨かった気がする。
以前は、ご飯がチキンライスの「特製オムライス850円」よりも、ご飯が白米の「オムライス650円」のほうが美味しかったんだけど、今は、逆転しているかもしれない。
ソースにもう少し、パンチがほしい。

「ランチ」は「大戸屋ランチ」同様、相当コストパフォーマンスがいい。
ハムも、お中元でもらって困ったときにステーキにした的な懐かしくもおいしい味で、けっこうよかった。

それにしても、センターグリルは、創業昭和21年。
なんと、終戦の翌年に開店している。
八幡町の磯村屋も、三貴屋も、野毛のキムラパンも、「終戦直後は物資がなくって店なんかやれなかった」といって、だいたい、米軍の接収解除あたりに開店しているのに、センターグリルすごい。

開店当初は、この店の売りである「米国風」=卵やハムなんて手に入りにくかったろうし、どんなメニューを出していたんだろう?
*ホームページにある、開店当初のお店の写真を見ると「米国風洋食」と書いてあり、今とあまり変わりがない…。
(看板の文字が右から左に書かれていて、「グリル」が「グリール」になっているけどw)

そして、ほかの店の人たちは、開店までの数年間、どうやって食べていたのだろう?

▼センターグリル
横浜市中区花咲町1-9
TEL 045-241-7327
営業時間 11:00~21:15(ラストオーダー)
お休み  基本的に月曜日
http://www.center-grill.com/





▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival




  

2010年05月17日

★三貴屋製パン【中村町|パン】

Photomemo

先日、なんとなく、立ち寄り、なんとなく購入したパンやケーキがおいしかったので、また立ち寄る。
戦前からずっとこのあたりに住んでいたらしいが、パン屋をはじめたのは、昭和28年から。
主人に昔のことを聞くと
「この辺は全部焼け野原でね。戦争中はよくその辺の防空壕に入ったもんだよ。」

そう話している間にもお客さんが来るので、続きは次回。
まだ、惣菜系のパンを買ってないけど、チョココロネとチョコケーキ、そしてクリームパン。
どれも、素朴でおいしいです。

パンがガラスケースに入っているのも、いい感じ。
昔は、こうして、なんでも、話をしながらでないと買えなかったんだよね~。

Photomemo
▲クリームパンとチョコレートケーキ。
チョコがたっぷりなのにどこかあっさりしていて今はまってる。
ケーキがたったの130円。しかもビニール袋に無造作に入れてくれるのがいい!


▼三貴屋製パン(みきや)
横浜市南区中村町3-200-2
電話: 045-251-9602.




▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival


  

2010年05月16日

★元祖十八番【若葉町|中華】

門脇篤とシネマ・ジャック&ベティ3階の会議室で、勝手に会議をしていたら、梶原社長が飯から戻ってきたので、しばし歓談。
きょうは、若葉町町内会関係者の店で食べようと思っていたので、社長に元祖十八番のオススメメニューを聞く。

「がっつりいくなら、レバニラ定食」
「それなりにいくなら餃子とライス」
「そのほか、たんめんなどの麺類もオススメです」

Photomemo
▲レバニラ炒め定食750円+餃子5個400円

社長のおすすめは、ばっちりでした!
特に、餃子が絶品でした。
ニラや野菜が多くて、さっぱりとしていて、皮がもちもち、パリッとしている。
くせになりそう。

日曜日の夜7時半。
お店は、ほぼ満席。
安くて、旨い、やっぱり地元の人気店なんですね。

毎晩18時以降、厨房で腕をふるっている元祖十八番の二代目大将、きょうもリーゼントがばっちり決まってました。
これは、もてないわけがないですね~。

次回、なんで「元祖」とつくのか聞いてみなくちゃ。
*お店構えは新しいけど、実は、数十年の歴史があるお店なんです。

▼元祖十八番
TEL 045-251-1053
横浜市中区若葉町3-41-2
営業時間:11:30~翌朝3:00
定休日:水曜日



元祖十八番 (中華料理 / 黄金町、阪東橋、日ノ出町)
★★★★ 4.0



▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival









  

2010年05月16日

★きたなシュラン☆☆磯村屋【八幡町|焼きそば+おでん】

先週、釜ヶ崎カマン・メディアセンターの原田さんと行こうとして定休日だった磯村屋。
きょうは、中村地域ケアプラザのアトリエの帰り道に、仙台またーり&まっちょアーティスト門脇篤とともに、立ち寄ってみた。

Photomemo
▲昭和26年創業。おばあちゃんは80歳を越えの現役。

すぐ向かいの三貴製パンも、ここも、戦前から八幡町あたりに住んでいるという。
ただし、今の家業をはじめたのは、戦後6年経ってから。
この店の主人である、おばあちゃんのだんなさんは、戦前は、公務員だったらしい。
兵役を終えて、戻ってきたら、職がなくなり、失業したとか。

「戦後6年間、何をして生きていたのですか?」と聞くが、
「戦後は、物資もなにもなくて、商売なんてできませんでしたよ」

終戦後は、焼け野原で、日ノ出町のほうまで、見渡せたとか。
「若葉町のほうは、飛行場になってね。赤とんぼが飛んでいたわよ。」

シネマ・ジャック&ベティ前にあった飛行場。
何機も頭上を飛んだ戦闘機を見慣れた目には、赤い小さなセスナ機なんて、「飛ぶか飛ばないかわからないような」頼りない存在に見えたらしく、「赤とんぼ」と呼んでいたらしい。

今まで、何人かに飛行場の話は聞いていたけれど、セスナ機の色を聞いたことがなかったので、大発見でした。

ちなみに、おばあちゃんは、丘の上、山手町と山元町の境に生まれ育って、八幡町にお嫁に来たという。山元小学校出身。
「実家は何屋さんだったんですか?」の問いに
「しもた屋さんよ」
「????」

聞くと昔は、何の家業もしていない、数軒並んだ平家の長屋のことを、「しもた屋」と呼んだという。
今、ちらりと調べると

<仕舞屋(しもたや)
住居専用の町家。店を「仕舞った」つまり商いをやめた店からきている。>
<商店でないふつうの家>

江戸時代には、ある程度裕福になると店をたたんで普通の家にして、家賃や金利で食べていたらしい。
実際には、このおばあちゃんの実家の話は、大正時代~昭和初期の話でしょうから、江戸時代に意味していたところとはちがっているかもしれません。

おばあちゃんは、「どう書くのか漢字もしらないけどね」といっていた。

Photomemo
▲「焼きそば・ポテト・小」は200円。ラムネ110円。

ふと見ると、ミシュランのような不気味な人形がある。
この2月に、「きたなシュラン」というTV番組企画で、「古くて汚いけど旨い店」ということで、とんねるずから二つ星をもらったらしいw

「ここに、木梨憲武の書いた”ペレ”のサインがあるんだよね」
「もっと白い見やすいところに書いてくれればいいのにね」って。

Photomemo

いや、ここで、十分ですよ!
かなり、いいところついていますよ。
とんねるずの二人は、真っ白いリムジンでこのへんぴな商店街に乗りつけ、1時間ほど滞在したという。

そのほか、数年前にやはり取材で来たという演歌歌手ジェロの写真もわざわざ出してみせてくれた。
最近、雑誌に掲載されたとき、お客さんに「本物より良くうつっていますよ」といわれたり、写真写りが年寄り臭かったりすると少しがっかりするみたいで、すごくかわいい。

そうそう、濱マイクシリーズのTV番組2話目の舞台にもなったらしいです。

本当にステキなおばあちゃんで、ちょっと感動。
ちなみに、平日お店を切り盛りしてるのは、いとこらしいです。

水曜定休は、通院の都合上らしい。

▼磯村屋
横浜市南区八幡町4
(市営地下鉄「阪東橋駅」徒歩10分)
営業時間 :11:30~17:30
定休日:水曜



磯村屋 (定食・食堂 / 阪東橋、伊勢佐木長者町、黄金町)




▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival








  

2010年05月12日

★酔来軒【真金町|中華】

釜ヶ崎カマン・メディアセンター(カマメ)の原田麻似との横浜ツアー。
寿町ランチはすべて終わっていたので、焼きそばの磯村屋にでも行こうかと思い、在日外国人支援センター信愛塾の企画「ハギ・ハッキョ」で聞いた関東大震災後の中国・朝鮮人虐殺の話をしながら、中村川沿いに歩き、舟の休憩室前を通過。

ここで、今晩の交流会の参加者のひとりでもある、檀原照和氏の本「消えた横浜娼婦たち 港のマリーの時代を巡って」からの受け売り話。「横浜空襲で焼け野原になり、その後、米軍に中心地を接収されたため、住宅不足になり、船上簡易宿泊所ができたのがはじまり。
その後、船の沈没事故などもあり、横浜市によって、住民が移住させられたのが、今の寿町のはじまりらしい」と。



そして、磯村屋は、どうやら定休日。
横浜橋商店街脇にある「酔来軒」に行くことにした。

昔のお茶の間ドラマのセットみたいな作りがステキな店。
壁に、大とかげの剥製が刺してあるけど、気にしない。

Photomemo
▲名物「酔来丼」なんと400円!典型的な賄い飯。うまい~。


原田麻似さんは、着物を着ているので、入店したとたん、女将さんに昔からの知り合いのように「いいわね~着物。あたしも好きなんだけど、やっぱり帯がひとりじゃ結べなくてさ~」

いついっても元気で気さくな母と息子が対応してくれる。

▼酔来軒 (スイランケン)
広東料理
TEL 045-231-6539
横浜市南区真金町1-1
営業時間 10:00~21:00
定休日 火曜・第3月曜




酔来軒 (広東料理 / 阪東橋、伊勢佐木長者町、黄金町)
★★★★ 4.0



▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival

  

2010年05月12日

★純喫茶モデル【吉浜町|喫茶+軽食】

釜ヶ崎カマン・メディアセンター(カマメ)の原田麻似との交流会の前に、横浜ツアーをしようと待ち合わせた…が、原田さんがなんと1時間半も!遅刻とわかって、急きょJR石川町駅北口(寿町側出口)すぐの純喫茶「モデル」に入った。

創業36年。(1974年~)
このあたりで一番古い喫茶店だという。

Photomemo

昭和の風情がいいというので、最近、映画「時を駆ける少女」のロケにも使われたとか。
お店のおばちゃんたちも、とっても気さく。
常連さんたちとの会話を小耳にするのも、
窓の外のマン・ウォッチングも楽しい。

Photomemo
▲この前の窓際の席に、映画の母親役の人が座ったとか。ミルクティー400円。


たぶん、創業当時のままの内装で、古いけど、銅のランプシェードなんかピカピカですごく手入れがいい。
レジが、また、当時のままな、機械レトロ系。
全体に、自然で、そのまんまな感じで、すごく落ち着けるお店でした。
期待以上!

▼ 純喫茶 モデル
横浜市中区吉浜町1-7 
045-681-3636 begin_of_the_skype_highlighting              045-681-3636      end_of_the_skype_highlighting
営業時間 9:00~19:00
年中営業。ただし臨時休業あり。






この後、すでに、寿町のランチは閉まっていたので、帽子おじさん宅訪問→寿町学童訪問→中村町→横浜橋商店街→シネマ・ジャック&ベティ→福富町→野毛とまわって、オーバのアートセンターに到着しました。



▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival





  

2010年05月11日

★「釜ヶ崎カマン・メディアセンター+オーバ交流会」のお知らせ

▼「釜ヶ崎カマン・メディアセンター+ART LAB OVA公開交流会」参加者募集

釜ヶ崎カマン・メディアセンター(カマメ)の原田麻似さんが、オーバに遊びに来るので、カマメとオーバの公開交流会を開催します。
ドヤ街といっても、寿町の何倍も大きな釜ヶ崎。
そんな中でのメディアセンターの状況、おっちゃんたちとのおかしくも重たい日常、そして、ドヤに「表現」が必要な理由など、オーバも改めて自己紹介をしながら、いろいろ語り合えたらと思っています。
小さなスペースですので、少人数で、まったり開催します。
お気軽にどうぞ。

・日時 2010年5月12日(水)19:00~(開場18:45)

・会場 ART LAB OVA13坪のアートセンター
     横浜市中区桜木町3-13大島ビル5階
     (JR地下鉄桜木町駅徒歩3分|紅葉橋交差点角|1階宮崎地鶏屋)

・料金 1000円(お茶+白米+軽食付き)
     *おかず持ってきてくれた人500円引き
     *手作りはもちろん近所の名物おかずなど大歓迎。

・予約 1)名前、2)職業、3)参加動機、4)おかずの有無を記載して以下まで。
     *オーバの知り合いは1)4)だけ明記してください。
     artlabova★dk.pdx.ne.jp(★→@)




▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival

  

Posted by ART LAB OVA at 04:54Comments(0)★ART LAB OVAの関連企画

2010年05月11日

★「オサバクタルと公園で遊ぼう!!」報告

先日、宮下公園の渋谷側で開催した「オサバクタルと公園で遊ぼう!!」のレポートです。
*オサバクタルとは、公園で遊ぶため(w)に急きょ作ったユニット。
「アサダワタル」+「ART LAB OVA(クリ&ヅル)」=「オサバクタル」

Photomemo
<5月3日(祝日)12:04宮下公園の”渋谷側”に、サンドイッチの具を持って集合!>


+++++++++++
▼ART LAB OVAの感想

今回、政治や思想からちょっと距離をおいて、自分たちのために、公園で思いっきり遊んでみようと思いました。
実際に、遊んでみたら、こどものころとちがって、「公園って、なんにもしないのが、一番楽しい」ってことがわかりました。
今さらそんなことがわかったってことでわかったことは、「まちの中に、なんにもしないで過ごすことができる公園が少ない」からかもしれません。
経済学講座も開催したところ、意外にも集中でき、格好の学びの場にもなりました。
公園では、仲間たちとだけ何かをしていても、必ずオープンになってしまいます。
わたしたちは、自分の部屋や仕事場のほかに、そんな共有スペースも持っているのです。
公園こそ、D.I.Y.の可能性の宝庫。
もっと、もっと、公園で遊ぶことを考えます。

▼【参考】国土交通省都市・地域整備局公園緑地・景観課 
<欧米諸国の主要都市と比べると都市公園等の整備水準は依然として低く、引き続き防災や環境問
題への対応等の各種政策課題に対応しつつ、都市公園等の整備の推進を図ります。>
http://www.mlit.go.jp/report/press/city10_hh_000037.html

Photomemo
<5月3日(祝日)13:36サンドイッチの具がきて、いっきに「リンカラン」的世界にw。BGMはレインコーツ。わーいなう。>
173032


++++++++++
▼アサダワタルの感想

「公園を使って遊ぶ」
なんでこんなに当たり前のことを、いろいろこねくり回してやらあかんくなったんでしょうか?
大人になったからでしょうか?アートとかやってるからどっかで頭使わなあかんと思い込んでしまったんでしょうか?
ただ公園で一日をずっと過ごすというだけでも、大人にとってはもはや日常行為ではなく、かなり非日常的なことなんだなって改めて思ったんです。

名目上「誰でも来られる」ことが前提になっている公園ですが、誰もが誰もにええ具合に関与しないことが許されているのが、公園のステキな公共性なんかなとも思ったり。
つまり、地域交流スペースとかいったものは、なんか誰かと誰かが物理的にも近いし、目があったら話をしないといけないし、自己紹介しないと…みたいになるんですが、(それがいいこともあるけど)
でも、やっぱり、ほっといてほしいと思うことだって多々ありますよね。

自由にそこに居たい、でも干渉はされたくない。そんな本音。
そういった人たちが小さな小さなコミュニティを築きながら、勝手になにかをやっている。

勝手に、ジェンカを踊る
勝手に、頭を洗う
勝手に、経済の話をする
勝手に、デートで通過する
勝手に、図書館をひらく
勝手に、ご飯を食べる

その勝手な有り様が、とても心地よい。
だから勝手になにかができなくなる公園は、ちょっとつらい。
でも何かをすることを要求される公園も、それはそれでつらい。

その中間、スキマ、そこに居続けられたらと思います。

Photomemo
<5月3日(祝日)15:24料理してラップするというアーティストが参加なう。>
173113



Photomemo
<5月3日(祝日)18:02小手川望の経済学講座なう。>
173239



+++++++++++
【参考】
▼「オサバクタルと公園で遊ぼう!!」

GWはとっても好天候続き。そんな時はやっぱり公園でのんびり遊びたくもなるわいな。
毎度お馴染みのオサバクタル(ART LABO OVA × アサダワタル)の今回の遊び場は渋谷の宮下公園(渋谷側)。みんなでサンドイッチを食べながら語り合い走り合い楽しく過ごしまへんか!?


日時:2010年5月3日12:00~日没
    *17:30~経済学講座開講。

場所:宮下公園渋谷駅側

持参物:
・サンドイッチのパンを用意するので具材をお持ちよってや~
・聴きたいCD、読みたい本など
・ボール類、ござ、縄跳びなど

公園遊び例:
スケッチ大会 /四葉探し /靴とばし /フットサル /剣道 /ハンカチ落とし/合唱(歌本みながら)/段ボールハウスで昼ね/ラジオ体操/ダベリング(ust実況中継あり 拡声器使用)/フォークダンス(ジェンカとか)/縄跳び /音楽を聞く会/100均パン食い競走/棒を頭につけてぐるぐる回ったままマラソン/借り物競争/騎馬戦/映画鑑賞(近所のツタヤに借りにいく)/公園の水飲み比べ/滑り台の滑り比べ/斬新な遊具の遊び方発案大会/散髪/ブーメラン





【参考】

▼みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
http://minnanokouenn.blogspot.com/

▼A.I.R Miyashita Park
宮下公園 アーティスト・イン・レジデンス
http://airmiyashitapark.info/wordpress/

★いちむらみさこの宮下公園ガイドツアー2010/04/19
http://downtownart.hama1.jp/e837076.html

★小川てつオインタビュー@宮下公園2010/04/19
http://downtownart.hama1.jp/e838124.html

★いちむらみさこin宮下公園「自殺者3万人の墓」
http://downtownart.hama1.jp/e838300.html




▼アサダワタルも、今年のまつりに参加します。

▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival






  

Posted by ART LAB OVA at 04:06Comments(0)★ART LAB OVAの関連企画

2010年05月07日

★若葉町町内会@浜銀【若葉町|お好み焼き】

シネマ・ジャック&ベティの梶原社長とともに、1年ぶりに若葉町町内会に参加。
すでに、昨年の様子をご存知なので、すべてはすんなりと通過。
ありがとうございます!

その後、畳屋さんの芦原会長と、定食屋すづ屋さんの丹野副会長、中華十八番の古山さん、横山フラワーセンターの横山さん、そしてミスター若葉町とともに、お好み焼き「浜銀」へ。
通常、横浜で、「はまぎん」といえば、横浜銀行だが、若葉町では、お好み焼き屋さんのこと。

ここで、「昨年、ストリップの黄金劇場にも行きました!」というと、なんと!黄金劇場の招待券をプレゼントしてもらってしまった!

Photomemo


いやあほーい!

若葉町のいろいろな貴重な裏話もうかがえて、ストリップの招待券ももらえて、シモネタも満載の若葉町町内会の二次会。

そのうち、社交ダンスが趣味という芦原会長にクリフサイドにも連れて行ってもらいたいなあ。

▼お好み焼き浜銀
横浜市中区若葉町2-16-3 浜銀ビル
営業時間
[月~金]
16:00~翌4:00
[土・日・祝]
14:00~翌4:00
夜10時以降入店可、日曜営業

*浜銀さんは、不動産屋さんもやっている不思議なお店。
以前、アートボランティアコーディネーター講座などで、利用させていただいた廃ビル「横浜商店会ビル」も浜銀さんの持ち物。
そのときには、不動産屋さんとして、鍵を開けてくれたご主人が、きょうは、焼きそばを焼いてくれているという…w
若葉町、いいなあ。

【注】2010年浜銀の入っていたビルは取り壊され、浜銀は近くに移転しました。*若葉町の通り沿いで、少しだけ、シネマ・ジャック&ベティに近くなりました。



▼横浜下町パラダイスまつり*よこはま若葉町多文化映画祭

●会期 2010年8月28日(土)〜9月05日(日)

●会場 1)シネマ・ジャック&ベティ
      横浜市中区若葉町3-51

     2)横浜市中区若葉町界隈の商店

●主催 ART LAB OVAアートラボ・オーバ
     *アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト
     http://artlabova.org
     
     よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会

●共催  横浜最後の名画座と唯一の独立系「まちの映画館」
      シネマ・ジャック&ベティ
      http://www.jackandbetty.net/

Asahi Art Festival