読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
横浜下町パラダイスまつりとは?
ART LAB OVA
ART LAB OVA
異文化×異世代ミックス・ジュース
「横浜下町パラダイスまつり」

毎年夏の終わりに、横浜最後の名画座シネマ・ジャック&ベティを中心に、日本、タイ、韓国、中国など近隣の人々や商店を巻き込んだアートな祭りと映画祭を同時開催。港横浜の裏通りの魅力を密やかに探求しています。
Centering around Cinema Jack & Betty, the last traditional cinema house in Yokohama, we are going to host art and film festivals involving nearby stores of Japan, Thailand, Korea and China. We explore charms of back streets in covert and look for the new feature of the downtown with multinational children.
<写真は、帽子おじさんと家族劇団「山縣家」>


●会場
  ①横浜パラダイス会館(シネマ・ジャック&ベティ1階)
②横浜市中区若葉町界隈

●主催
  ART LAB OVA
アートラボ・オーバ
*アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト

●共催
シネマ・ジャック&ベティ
*横浜最後の名画座とミニシアターをもつまちの映画館


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ART LAB OVAへメッセージ
インフォメーション

2010年12月25日

★深夜の洋食屋「コトブキ」【伊勢佐木町|洋食】

現代アートのコレクターのドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」がシネマ・ジャック&ベティで上映されるにあたり、オーバも昔からのお友だち会社員の「こしやん」が25年かけて蒐集してきた現代アートコレクション展を開催してみることにした。

映画の上映が12月25日~なので、搬入+施工は12月24日。
今年のクリスマスは嫌でも「こしやん」とすごさなくてはならない。

「こしやん」と過ごすクリスマス・ディナーは、伊勢佐木町5丁目の洋食屋「コトブキ」にした。

いつもは、かつどん750円ばかりを食べてしまっているが、今回はじめて「サービスメニュー1000円」に挑戦。

Photomemo
▲こしやんは、「ほたてフライとベーコン」。オーバは「かきフライとミニハンバーグ」を注文。
ナイフとフォークと割り箸がナプキンの上にレイアウトされるのが素敵。



ボリュームもあって、おいしくて、大満足。
夜の11時だというのに、小学生のこどもを連れた家族が、やはりコトブキでクリスマスディナーをしていた。

数年前まで、24時間営業だったコトブキも今は、深夜2時までの営業だ。
夜になると、中華料理屋と焼き鳥屋しか、なくなるこの辺りで、洋食屋はありがたい。

1954(昭和29)年創業。2002(平成14)年、地盤がゆるくなったとかで、現在の場所に移転した。
箸袋の文字が、昔ながらの「レタリング」っぽくて、好きです。

★洋食「コトブキ」
住所:横浜市中区伊勢佐木町5-129-9
営業時間:
[平日・土]AM10:00~AM02:00
[日]AM09:00~AM01:00

++++++++

Photomemo
明日からはじまる、ハーブ&ドロシー連携企画「会社員こしやんのミニ・コレクション展」施工中。一番手前はブレイク前の加藤泉の作品。横浜パラダイス会館が、まるでふつうの画廊喫茶みたいになってしまったw
275803


★ハーブ&ドロシー@シネマ・ジャック&ベティ関連企画
サラリーマン「こしやん」のミニ・コレクション展&喫茶+整体


給料の一部で美術作品を収集している個人コレクターのドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」が、シネマ・ジャック&ベティで上映されるのに関連して、オーバの古くからのお友だちである会社員「こしやん」こと、越田滋さんのミニ・コレクション展を開催します。
今回の展示候補作品は、マックス・ノイマン、レビバ・レゲブ、赤塚祐二、越前谷嘉高、ジョナサン・ボロフスキー、加藤泉、永島京子、浜田涼。
ふだんは、「もうひとつの価値を追求するギャラリー」であるオーバに、金銭的な価値のつく作品群が並んでしまうなんて、妙に緊張します~。

▼12月25日(土)、26日(日)は、ダンサー青山るりこによる「るるる♪整体」もあります。
  20分1000円、30分1500円~。
  「映画の前に予約して映画の後に整体」も可能です。

・会場 横浜パラダイス会館
     横浜市中区若葉町3-51-3シネマ・ジャック&ベティ1F‐101

・料金 ワン・オーダー制(300円~)

・日時 12月25日(土)26日(日)15:00~20:00
     1月2日(日)15:00~18:30
     1月8日(土)18:00~20:00
     1月9日(日)13:00~20:00


【ハーブ&ドロシー上映時間】
12月25日(土)~31日(金)
16:15~17:45/19:55~21:25
1月2日(日)~7日(金)
14:40~16:15/18:15~19:48
1月8日(土)~14日(金)
11:45~13:15/19:40~21:10

▼ハーブ&ドロシー
(佐々木芽生監督2008年/アメリカ)

ハーブ&ドロシー・ボーゲル夫妻は、結婚直後1960年代から現代アートのコレクションをはじめます。夫のハーブは郵便局員、妻のドロシーは図書館司書。住まいはマンハッタンの小さなアパート。作品を買う基準はふたつ。
自分たちの収入に見合ったもの、アパートに入る大きさのもの。当時無名だった作家たちはどんどん有名になり、彼らのコレクションの価値は高まり、彼ら自身も有名なコレクターになっていったのです。

▼越田 滋さん:
1958年東京生まれ
小学生時代の大半を、西ドイツ(当時)ですごし、強烈な影響を
受ける。1983年大学院修士課程を修了、電機メーカに就職、
以来火力発電所の建設に従事。
幼少の頃から絵画(美術)が好き(作るのも見るのも)であったが、
気がつくと手元に現代美術の作品がたくさん集まっていた。基本
的に、作家個人と知り合いになることが購入の前提であるらしい。
(もちろん例外もあり)所有作品の中は、ヨゼフ・ボイス、ナムジュン
・パイク、クリスト、川俣正、ベッヒャー夫婦、オノ・ヨーコなどもある。










  

2010年12月23日

★意外な老舗「喫茶あんみつカメヤ」【八幡町|喫茶】

沖縄コザでまちを歩き回って、「やっぱり町を歩きたい!」という気持ちがムクムクと出てきて、ディープ横浜中のディープな町を歩くため、中村川を渡った。

残念ながら、一番ディープと思われた地域は、まさに、開発の手が入っている最中だった。
工事期間は、「2010年10月22日~2011年3月」とあり、ブルドーザーが地ならしをしていて、ごみ置き場には、粗大ごみがある。

あと、半年、早くくればよかった…。
後悔しながらも、まだ、ショベルの届いていない路地をさまようと、近江八幡の沖島のような雰囲気。
手作り風の家が数軒残っていた。

Photomemo



帰りに八幡町に立ち寄る。
この辺りは銭湯もあるし、まだなんとか戦後の町並みが残り、ほっとする。

磯村屋、池田屋と、時間がとまった店の並びで、ひときわ新しい雰囲気の喫茶「カメヤ」に入ってみた。

創業は三十数年前というので、「この辺りでは新しいですね」というと、
「いえ、昭和23年から伊勢佐木町5丁目で「喫茶たぬき」というおしるこ屋もやっていたんですよ」。

磯村屋も三貴製パンも接収解除後の昭和27年~28年に創業という中、5年も早く、しるこ屋をやっていたなんて!
そういえば、確か、野毛の和菓子屋「もみぢ」も、昭和21年、闇市の中でしるこ屋をはじめたのが最初で、甘いものが不足していたので大行列だったといっていたっけ。

創業当時の伊勢佐木5丁目は、裏道の「親不孝通り」が、進駐軍相手の飲み屋街(今はソープ街)で、昭和33年に売春防止法が施行されるまで、とてもにぎやかで、しるこ屋も夜10時まで開いていたとか。
喫茶「たぬき」も、最近まで営業していたようだけど、惜しくもなくなってしまった。

昨日は、ここの斜め前にある八百屋さんに、昭和20年5月28日の空襲の話を聞いたばかり。
明治の末か大正時代から続くこの八百屋の3代目であるおじさんは昭和9年生まれで、カメヤの女将さんと同期生。(学校がちがったらしい)
おじさんは、箱根に疎開してたけど、しもやけがひどくなって、横浜に戻ってきていて、空襲にあったという。
「愛児園の空き地に逃げたので助かった。阪東橋方面に逃げた人は8割亡くなった」。

このカメヤの女将さんは、箱根の強羅にいたので、空襲にあわなかったとか。

夕方5時すぎだというのに、2~3人の常連客=ご近所さん?が、集まってくる。
「ス」がオーダーしたおしるこ400円に誘われて、みんなおしるこをたのむ。

Photomemo
▲みつまめ330円。おしるこ400円。


もちろん、お客さん同士も知り合いで、女将さんにチョコレートをあげて、四方山話をしている。
女将さんが、おばあさんに「酔来軒に行ってきたの?」というと「今日はあんなに遠くまで行く時間なかったわよ」と答える。
しかし、酔来軒とカメヤは500メートルも離れていない…。

端々に、いろんなお宝話が、埋もれていそうなので、時々行ってみよう。

帰りに警察並びの豆腐屋さんでお買い物。
ここは、昭和30年ころ創業とのこと。
「昔の八幡町は、八百屋だけでも、3軒もあって、賑わいのある商店街だったのよ」。

確かに、お祭りのときには、そんな賑わいを感じました。


★喫茶あんみつ「カメヤ」
*ジャック&ベティ斜め前のパン屋「カメヤ」とは無関係です。
神奈川県横浜市南区八幡町2-8
営業時間:~19:30ころ
定休日:月曜




カメヤ 喫茶店 / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0










  

2010年12月23日

★安くて旨い名店「つかさ鮨」【若葉町|寿司】

最近お気に入りで、毎日行っている「風風(ふうふう)食堂」に、はじめてランチで行ってみようかと、店前までいってみたものの、ランチメニューが「ラーメン+半チャーハン500円」的ながっつり系だったので、そのとなりの「つかさ鮨」の「期間限定ランチ鉄火丼800円」に惹かれて、扉を開けた。

「へい、らっしゃい!」的な、いかにもな寿司カウンターで、2代目若大将が、ずらりと並んだお客さん相手に軽快におしゃべりをしている。

年末のせいか、ランチタイムだというのに、1貫ずつオーダーしている人たちは、2人で7000円~8000円も払っている。

かたや、こちとら、奮発して800円ランチ。

鉄火丼といっても、まぐろだけでも赤身と切り落としの2種と、そして、いかそうめんまでのっている。
アラの入ったお吸い物と小皿がついて、ボリューム満点。

Photomemo
▲ちなみに「期間限定」はいつまでか、まったく考えていないらしい。通常は1200円。



横浜日仏の学院長と仲良しだったころ、ときどき、中央卸売市場の「さがみや」のランチを食べたものだけど、「つかさ鮨」で十分だった。

聞けば、中郵便局の近くに、1965年昭和40年ころに創業し、2004年ころに若葉町に越してきたという。
そういえば、なぜか、中郵便局のあたりには、寿司屋が多い。
食べログをチェックすると、「イセザキの名店」とある。

今後、大事なお客さんとランチするときには、つかさ鮨か、「じゃのめや」のすき焼き丼1000円のどちらかだな。
*つうか、そんな場面ないけどね…。

★つかさ鮨
TEL :045-252-0321
住所 :横浜市中区若葉町2-30-2

営業時間 :11:30~14:00
       17:00~23:00
定休日:日曜休業



  

2010年12月15日

★「沖縄コザの記憶から横浜若葉町を想う」報告会お知らせ

アサヒ・アート・フェスティバル企画間交流支援事業
★「沖縄コザの記憶から横浜若葉町を想う」
~戦争、進駐軍による接収やそれにともなう歓楽街の盛衰など、若葉町とコザの共通の歴史について、スタジオ解放区のスタッフと共に町に出て住民の話を聞くフィールドワーク~

ART LAB OVA → スタジオ解放区
時期:2010年11月25日~12月1日

現在オーバが拠点を置く横浜若葉町は、第二次世界大戦後1945年~1952年まで進駐軍によって接収され、飛行場として利用されていました。
しかし、当時のことを知る人は少なく、60年も昔の話なので、なかなか現実味を感じられません。
そこで、1972年まで米軍統治下に、その影響を強く受けた、コザ銀天街商店街で活動する
「スタジオ解放区」に1週間滞在し、いっしょに住民の話をうかがうことで、20年のタイムラグから生じたリアルな話を収集しました。


▲「コザのボランティアさん」1958年(昭和33年)生まれ
祖父は沖縄戦の時、兵士と間違えられて米兵に射殺された。
父は米軍を嫌いながら基地で働いた。
「黒人街で、黒人兵に遊んでもらいながら育った」。
「白人住宅の子供たちは高慢ちきで、よくいじめられた」。

★オーバキューナイト「沖縄コザの記憶から横浜若葉町を想う」スペシャル

オーバ秘蔵の映像や音源と垂れ流す=まったり活動報告パーティー「オーバキューナイト」の中で沖縄報告を開催します。
野毛周辺のパンやコロッケ、豆腐などの軽食と、ごはんを用意するので、おかずを持ち寄ってみんなで集いましょう。
毎度恒例ナゾの男「たんばりん」と「ス」ことスズキクリによるワンダフル・ドアーズのライブもあり。

・日時 2010年12月18日(土)
    19:00~終電くらい
    21:00~ ワンダフルドアーズ・ライブ 
・会場 横浜パラダイス会館
    <横浜市中区若葉町3-51シネマ・ジャック&ベティ1F>
    交通:京浜急行「黄金町」駅徒歩5分/市営地下鉄「阪東橋」駅A3、B3出口徒歩6分
    http://www.jackandbetty.net/accessmap.html
    *裏道にあるので、地図を見ながらいらしてください。
    *黄金町駅ではシネマ・ジャック&ベティの地図を配布しています。

・料金 おかず持ち寄り+カンパ制(ソフトドリンク300 円/アルコール500 円)
    *みんなで食べられる『おすすめのおかず』、『手作りのおかず』を持ち寄ってください。
    *カンパはオーバの運営支援金になります。ご協力おねがいします!
・予約  artlabova★dk.pdx.ne.jp (★→@)
     件名「12月のオーバキューナイト予約」

  

Posted by ART LAB OVA at 00:43Comments(0)・インタビューシリーズ