読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
横浜下町パラダイスまつりとは?
ART LAB OVA
ART LAB OVA
異文化×異世代ミックス・ジュース
「横浜下町パラダイスまつり」

毎年夏の終わりに、横浜最後の名画座シネマ・ジャック&ベティを中心に、日本、タイ、韓国、中国など近隣の人々や商店を巻き込んだアートな祭りと映画祭を同時開催。港横浜の裏通りの魅力を密やかに探求しています。
Centering around Cinema Jack & Betty, the last traditional cinema house in Yokohama, we are going to host art and film festivals involving nearby stores of Japan, Thailand, Korea and China. We explore charms of back streets in covert and look for the new feature of the downtown with multinational children.
<写真は、帽子おじさんと家族劇団「山縣家」>


●会場
  ①横浜パラダイス会館(シネマ・ジャック&ベティ1階)
②横浜市中区若葉町界隈

●主催
  ART LAB OVA
アートラボ・オーバ
*アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト

●共催
シネマ・ジャック&ベティ
*横浜最後の名画座とミニシアターをもつまちの映画館


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ART LAB OVAへメッセージ
インフォメーション

2014年09月02日

★よこはま若葉町多文化映画祭2014

▼よこはま若葉町多文化映画祭2014+横浜下町パラダイスまつり2014

映画を通じて身近な世界を考える「よこはま若葉町多文化映画祭」と、まちの人々や商店を巻き込んだ、地元アーティストたちによる「横浜下町パラダイスまつり」。
国際色豊かな下町で映画をみて、近所で食べたりおしゃべりしたり。
学んで遊べる9日間!

<横浜若葉町は戦後GHQの飛行場として使われ、接収解除後は伝説の居酒屋「根岸家」、美空ひばりさんの店ができるなど、裏繁華街として知られる。90年代からは外国出身の人々が多く移り住み「日本一のタイ・ストリート」と呼ばれたこともあった。>

2014多文化表

2014多文化裏






▲クリックすると拡大されます。


・会期 2014年8月23日(土)~8月31日(日)
    
・会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館
     〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3

・交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分
     市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分
     JR「関内」駅より徒歩15分

・料金  3回券3600円
     外国出身者割引あり。
     J&B会員+ART LAB OVA会員割引あり。
<外国出身者割引、3回券のご利用は、8月23日(土)~31日(日)の間だけです>
<各映画の料金は以下、映画ごとに明記してあります>

【チケットプレゼント】
外国籍・外国出身の方、毎日3名様にチケットプレゼント!予約制!
1)希望映画 2)お客様のゆかりの国を明記して以下にメールください。
yokohamawakaba@gmail.com
*各回上映後に開催する交流会にご参加ください。
*おひとり1回かぎり。予約先着順です。


【上映作品】

★リティー・パニュ監督作品ミニ特集
▼「消えた画 クメール・ルージュの真実」
 L’Image manquante

カンボジア・フランス/français/2013/95分/監督:リティー・パニュ
ドキュメンタリー
1970年代ポル・ポト率いるクメール・ルージュの支配下、幼少期に収容所において労働を強いられ、家族や友人を失った監督。カンボジアの大地からつくられた土人形によるアニメーションと貴重な記録映像を織り交ぜて、淡々と記憶の中の「恐怖の支配」を描いた異色ドキュメンタリー。
・上映日時 8月23(土)~29(金)13:10~14:50
*「消えた画 クメール・ルージュの真実」の上映期間は8月16日(土)~29日(金)
・料金 一般1800円、大専1500円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】ダンサー青山るり子+モン族テン・ヴァン
 「ベトナム戦争後アメリカへ移民したモン族を想うお散歩ダンス」

 http://downtownart.hama1.jp/e1205367.html
 【関連企画】「関東大震災:横浜の朝鮮人・中国人迫害と虐殺を考える」
 http://downtownart.hama1.jp/e1204917.html


▼「さすらう者たちの地」
La terre des âmes errantes

フランス/khmer /2000/100分/監督:リティー・パニュ
ドキュメンタリー
戦火で荒廃したカンボジアからヨーロッパにつながる光ファイバーケーブルの敷設作業。インターネットとは無縁の労働者たちが、わずかな賃金で過酷な仕事に身を費やし、否応なくグローバル経済に飲み込まれていく。2001年山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞受賞。
・上映日時 8月25日(月)15:00~16:40、29日(金)15:00~16:40
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】ダンサー青山るり子+モン族テン・ヴァン
 「ベトナム戦争後アメリカへ移民したモン族を想うお散歩ダンス」

 http://downtownart.hama1.jp/e1205367.html


▼「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」
S21, la machine de mort Khmère rouge

フランス/khmer /2002/101分/監督:リティー・パニュ
ドキュメンタリー
クメール・ルージュ政権下に1万数千人の拷問と処刑が実行され、たった3人しか生き残らなかったという政治犯収容所「S21」。現在は虐殺博物館であるこの場所で、かつての捕虜と看守に対話をさせることにより、25年前の非人間的で過酷な日々を再現していく…。
・上映日時 8月24日(日)15:00~16:45、28日(木)15:00~16:45
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】「関東大震災:横浜の朝鮮人・中国人迫害と虐殺を考える」
 http://downtownart.hama1.jp/e1204917.html


★王兵(ワン・ビン)監督ミニ特集
▼「収容病棟」
 瘋愛 

  香港・フランス・日本/中文(云南语)/2013/237分(前編122分 後編115分)/監督:王兵(ワン・ビン)
ドキュメンタリー
中国雲南省の精神病院。殺人を犯した者、精神異常者と判断された者、中毒患者、さらには、政治的な陳情行為を行なった者や「一人っ子政策」に違反した者もまた「異常なふるまい」を理由に収容されている。社会から隔絶された患者たちの日常を寄り添うように撮影した3ヶ月の映像。
・上映日時 8月30日(土)~9月5日(金)前編10:00~12:05 /後編12:30~14:25
*「収容病棟」の上映期間は8月30日(土)~2週間の予定。
・料金 (前・後編 別料金)一般1600円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円


▼鳳鳴(フォンミン)― 中国の記憶
 和凤鸣

中国/中文/2007/183分/監督:王兵(ワン・ビン)
ドキュメンタリー
地方の新聞記者だった夫婦は、右派分子として別々の収容所に送られ、夫は死亡した。反右派闘争や文化大革命で迫害を受けた女性・鳳鳴(ファンミン)が、名誉を回復するまでのひとり語りを3時間に渡ってカメラに収めた力作。2007年山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞受賞。
・上映日時 8月26日(火)15:00~18:05
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円


▼「無言歌」 
  夾辺溝 

香港、フランス、ベルギー/中文/2010年/109分/監督:王兵(ワン・ビン)
文化大革命前、中国共産党が「右派分子」とした者たちを粛正、辺境の再教育収容所へと送り、劣悪な環境の中で多くの死者を出した「反右派闘争」を、小説「告別夾辺溝」と生存者たちの証言を基に描き出す。中国では現在もタブーとされている史実を題材に人間の尊厳を問う歴史ドラマ。
・上映日時 8月23日(土)15:00~16:50、27日(水)15:00~16:50
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】俞 彭燕(ゆう ほうえん)さんとお茶会
 http://downtownart.hama1.jp/e1204714.html


▼「ハーフ/HAFU」
日本/日本語,English/2013/87分/監督:西倉めぐみ、髙木ララ
ドキュメンタリー
現在、新生児の49人に1人が日本人と外国人の間に生まれているという日本。自身もハーフである女性監督二人が、背景や国籍、年齢もばらばらな5組のハーフたちの取材を通じて、彼らが直面する国籍やアイデンティティの問題を浮き彫りにする。
・上映日時 8月25日(月)17:00~18:30、29日(金)17:00~18:30
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】ハーフ家族と交流食事会
 http://downtownart.hama1.jp/e1205551.html


▼「ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡」
WASTELAND

イギリス・ブラジル/English, Português /2011/98分/監督:ルーシー・ウォーカー
ドキュメンタリー
世界的な現代美術家ヴィック・ムニーズが、故郷ブラジルのごみ捨て場で働く人々(カタドール)と共にごみを利用した巨大ポートレートを制作した3年間の記録。その過程で作家の困難や悩み、カタドールたちの生活や現実が映し出される。
・上映日時 8月28日(木)17:00~18:40
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】ブラジル炭火焼肉交流食事会
 http://downtownart.hama1.jp/e1205560.html


▼「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして」
日本/日本語/2013/95分/監督:伊藤めぐみ
ドキュメンタリー
世間から激しいバッシングを受けた「イラク日本人人質事件」から10年。その後もイラク支援を続ける高遠菜穂子さん、現在は日本の若者支援をしている今井紀明さんの姿を追い、日本社会の問題点、そして未だ戦火の止まないイラクの生々しい現実を捉える。
・上映日時 8月23日(土)17:00~18:35、27日(水)17:00~18:35
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】伊藤めぐみ監督舞台挨拶&交流食事会
 http://downtownart.hama1.jp/e1204712.html


▼「モンゴル野球青春記 バクシャー」
日本/日本語, Монгол улсын/2013/118分/監督:武正晴
ごく普通の元高校球児が、ひょんなことから野球がほとんど普及していないモンゴルで野球を教えることに…。関根淳氏の自伝を映画化した青春ドラマ。主演は「岳‑ガク‑」の石田卓也。元プロ野球選手・水野雄仁も出演。
・上映日時 8月24日(日)16:50~17:50
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
【関連企画】「モンゴル野球青春記  バクシャー」監督+原作者+ヒロインを囲んで交流食事会
 http://downtownart.hama1.jp/e1205119.html


★関連上映 9月06日(土)~12日(金)
▼「トークバック 沈黙を破る女たち」
  Talk Back Out Loud

日本/English/2013/119分/監督:坂上香
ドキュメンタリー
1989年、米サンフランシスコの刑務所で誕生した「メデア・プロジェクト」は、2008年からHIV/AIDS陽性の女性たちとのコラボーレションを始めた。傷ついた過去を持つ女性たちが自ら声を上げることで、生きる力を得ていく過程を映し出す。
・上映日時 9月06日(土)~14日(金)毎日13:50~15:55
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア1000円
【関連企画】映画「トークバック」監督交流会+特製Tシャツ・デコ+まちあるき
 http://downtownart.hama1.jp/e1210606.html



▼横浜下町パラダイスまつり+よこはま若葉町多文化映画祭カレンダー
・カレンダー内、赤系の文字が「横浜下町パラダイスまつりの企画」、緑系の文字が「よこはま若葉町多文化映画祭の企画」です。

・「横浜パラダイス会館内」で開催されるプログラムの料金は特記以外は、ワンオーダー+カンパ制です。(中学生以下無料)
  
・なるべく、ツイッターやこのブログでお知らせしますが、すべてのプログラムは、アーティストの体調などにより、予告なく変更されることがあります。

・カレンダー内の★印は、「こどもにもオススメのプログラム」です。
・カレンダー内の◆印は、「ツアー」です。
・カレンダー内の【食】は、食に関係する企画です。



▲=映画祭関連上映/△=映画祭関連企画







  

2014年09月02日

★映画「トークバック」監督交流会+特製Tシャツ・デコ+まちあるき

▼映画「トークバック」監督交流会+特製Tシャツ・デコ+まちあるき

映画「トークバック」横浜シネマ・ジャック&ベティ上映記念として、特製Tシャツを20枚限定で作成して販売します。

映画「トークバック」上映初日の監督との交流お茶会場で、購入したTシャツにそれぞれデコして、坂上監督といっしょに映画館周辺を歩きましょう。

*もちろん、交流会の参加だけも可能です。

・日時 2014年9月6日(土)
     16:00~17:30 交流会+デコ
     17:30~18:00 特製Tシャツを着てまちあるき
     (トークバック13:50〜の上映後)
・会場 ART LAB OVA横浜パラダイス会館
    〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3 1F‐101
     (シネマ・ジャック&ベティ1階)
・料金 ワンドリンク・オーダー+デコ・カンパ
     (Tシャツ代実費=2800円)




+++++++++++++

★映画「トークバック」特製Tシャツとは
映画の中に出てくるTシャツの日本語テキスト版を作成します。

<わたしたちは生きている
HIV/エイズと共に>





文字はエイズ・キャンペーンのレッド
Tシャツはネイビーカラーです。
WM / S / M / L / XL
の各サイズ、数枚ずつ、計20枚です。
定価2800円です。

Tシャツは、9月6日(土)~12日(金)まで、シネマ・ジャック&ベティで販売し、その後、余った分に関しては、通信販売も考えます。
通信販売予約は、以下までお問い合わせください。
artlabova@gmail.com
(件名「トークバックTシャツ予約」「トークバックTシャツ問い合わせ」)
9月15日以降にお返事します。


▼「トークバック 沈黙を破る女たち」
  Talk Back Out Loud
日本/English/2013/119分/監督:坂上香
ドキュメンタリー

1989年、米サンフランシスコの刑務所で誕生した「メデア・プロジェクト」は、2008年からHIV/AIDS陽性の女性たちとのコラボーレションを始めた。傷ついた過去を持つ女性たちが自ら声を上げることで、生きる力を得ていく過程を映し出す。
・上映日時 9月06日(土)~14日(金)毎日13:50~15:55
・料金 一般1500円、大専1200円、小中高シニア1000円




+++++++

▼よこはま若葉町多文化映画祭2014+横浜下町パラダイスまつり2014

映画を通じて身近な世界を考える「よこはま若葉町多文化映画祭」と、まちの人々や商店を巻き込んだ、地元アーティストたちによる「横浜下町パラダイスまつり」。
国際色豊かな下町で映画をみて、近所で食べたりおしゃべりしたり。
学んで遊べる9日間!


・会期 2014年8月23日(土)~8月31日(日)
   *映画「トークバック」関連企画9月06日(土)
    
・会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館
     〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3

・交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分
     市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分
     JR「関内」駅より徒歩15分

▼横浜下町パラダイスまつり+よこはま若葉町多文化映画祭カレンダー
・カレンダー内、赤系の文字が「横浜下町パラダイスまつりの企画」、緑系の文字が「よこはま若葉町多文化映画祭の企画」です。

・「横浜パラダイス会館内」で開催されるプログラムの料金は特記以外は、ワンオーダー+カンパ制です。(中学生以下無料)
  
・なるべく、ツイッターやこのブログでお知らせしますが、すべてのプログラムは、アーティストの体調などにより、予告なく変更されることがあります。

・カレンダー内の★印は、「こどもにもオススメのプログラム」です。
・カレンダー内の◆印は、「ツアー」です。
・カレンダー内の【食】は、食に関係する企画です。



▲=映画祭関連上映/△=映画祭関連企画








▼シネマ・ジャック&ベティ「よこはま若葉町多文化映画祭2014」
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/448/

▼ART LAB OVA
https://www.facebook.com/artlabova