読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
横浜下町パラダイスまつりとは?
ART LAB OVA
ART LAB OVA
異文化×異世代ミックス・ジュース
「横浜下町パラダイスまつり」

毎年夏の終わりに、横浜最後の名画座シネマ・ジャック&ベティを中心に、日本、タイ、韓国、中国など近隣の人々や商店を巻き込んだアートな祭りと映画祭を同時開催。港横浜の裏通りの魅力を密やかに探求しています。
Centering around Cinema Jack & Betty, the last traditional cinema house in Yokohama, we are going to host art and film festivals involving nearby stores of Japan, Thailand, Korea and China. We explore charms of back streets in covert and look for the new feature of the downtown with multinational children.
<写真は、帽子おじさんと家族劇団「山縣家」>


●会場
  ①横浜パラダイス会館(シネマ・ジャック&ベティ1階)
②横浜市中区若葉町界隈

●主催
  ART LAB OVA
アートラボ・オーバ
*アーティストがへんてこかわいいことをしているプロジェクト

●共催
シネマ・ジャック&ベティ
*横浜最後の名画座とミニシアターをもつまちの映画館


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
ART LAB OVAへメッセージ
インフォメーション

2015年08月16日

△【ボリビア映画「コンドルの血」「鳥の歌」関連】太田昌国さん「ウカマウ集団」交流会

△【ボリビア映画「コンドルの血」「鳥の歌」関連】太田昌国さん「ウカマウ集団」交流会

2015年のよこはま若葉町多文化映画祭では、ボリビアの「ウカマウ集団」の作品「コンドルの血」(1969年)と「鳥の歌」(1995年)を上映します。
ウカマウ集団ホルヘ・サンヒネス監督の作品は、素人の先住民を役者に使い、先住民の言語で世界に発信するなど、政治的でありながら、常に前衛的で美しい作品です。
一方で、不安定な南米の政情に巻き込まれ、何度も亡命をしながら、現在まで製作を続けています。
その中で、コンドルの血撮影時に、自分たち自身にもあったおごりに気づき、反省をし、1995年に自分たちのその過ちを「鳥の歌」として映画化した姿勢に敬意を表して、今回のよこはま若葉町多文化映画祭では、「コンドルの血」と「鳥の歌」を同時上映します。
わたしたちには、わかりにくい複雑な南米の事情をウカマウ集団の歴史から、太田昌国さんとともにひも解くことができたらと思います。

・日時 2015年8月29日(土)15:45~17:15
(12:00~13:30「コンドルの血」/13:45~15:45「鳥の歌」上映&トーク)
   *「コンドルの血」と「鳥の歌」の上映は、25日(火)12:00~/13:45~もあります。
                 
・会場 横浜パラダイス会館(シネマ・ジャック&ベティ1階)
・料金 ワンドリンクオーダー+カンパ制

*この交流会のあと、ダンサー青山るり子とモン族テン・ヴァンによる「ベトナム戦争後アメリカへ移民したモン族を想うお散歩ダンス2015」を開催します。
最近になって、テンの父親は、自分が11歳のとき少年兵だったことを告白しました。
テンを身ごもったまま、急きょラオスからタイの米軍キャンプに逃げたときの母親の状況などもわかってきました。
よかったら、続けてご参加ください。


▼太田昌国(おおた まさくに)さん
編集者/民族問題研究家。
1970年代に数年間にわたってラテンアメリカ各地を放浪。
そこでウカマウ集団の映画と出会い、監督らとも知り合って、帰国後自主上映運動を展開。
共同制作も行なう。
著書に『チェ・ゲバラ プレイバック』、『「拉致」異論』、『【極私的】60年代追憶』など。
編著に『アンデスで先住民の映画を撮る』

http://www.jca.apc.org/gendai_blog/wordpress/


▼よこはま若葉町多文化映画祭2015+横浜下町パラダイスまつり2015

映画を通じて身近な世界を考える「よこはま若葉町多文化映画祭」と、まちの人々や商店を巻き込んだ、地元アーティストたちによる「横浜下町パラダイスまつり」。
国際色豊かな下町で映画をみて、近所で食べたりおしゃべりしたり。
学んで遊べる9日間!

https://www.facebook.com/ParadiseFes


・会期 2015年8月22日(土)~8月30日(日)
    
・会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館
     〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3

・交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分
     市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分
     JR「関内」駅より徒歩15分

・料金  ▼横浜下町パラダイスまつりのプログラムはほとんど「ワンドリンクオーダー+カンパ制」です。
      ▼よこはま若葉町多文化映画祭料金表
      *「アクト・オブ・キリング」※オリジナル全長版
       *「ルック・オブ・サイレンス」
       一般1800円、大専1500円、小中高シニア外国出身者1000円
      *「アリス」
       一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円、幼児(2才~)800円
      *他はすべて
       一般1500円、大専1200円、小中高シニア外国出身者1000円
      (「フキデルヨロコビ」は同時上映作品の料金でセット上映)

     ★オトクな3回券 3600円 
     *上記外国出身者割引、3回券のご利用は、8月22日(土)~30日(日)の間だけです。

     ★J&B会員+ART LAB OVA会員割引あり。
     ★そのほかの割引【いつでもどの映画でも割引が適用されます】
     ・夫婦50割引:どちらかお一人でも50歳以上のご夫婦は2人で2,000円
     ・しょうがい者割引:障害者手帳ご提示で、ご本人と付添の方1人1,000円
     ・レディースデイ:毎週水曜日女性1,000円
     ・メンズデイ:毎週木曜日男性1,000円


【映画祭チケットプレゼント】
外国籍・外国出身の方、毎日3名様にチケットプレゼント!予約制!
1)希望映画と上映日時
2)お客様のゆかりの国を明記して以下にメールください。
yokohamawakaba@gmail.com
*各回上映後に開催する交流会にご参加ください。
*おひとり1回かぎり。予約先着順です。


▼横浜下町パラダイスまつり+よこはま若葉町多文化映画祭カレンダー
・カレンダー内、赤系の文字が「横浜下町パラダイスまつりの企画」、緑系の文字が「よこはま若葉町多文化映画祭の企画」です。
  
・なるべく、ツイッターやこのブログでお知らせしますが、すべてのプログラムは、アーティストの体調などにより、予告なく変更されることがあります。

・カレンダー内の★印は、「こどもにもオススメのプログラム」です。
・カレンダー内の◆印は、「ツアー」です。
・カレンダー内の【食】は、食に関係する企画です。
・カレンダー内の△は、映画と関連する企画です。



▲=映画祭関連上映/△=映画祭関連企画










同じカテゴリー(★2015よこはま若葉町多文化映画祭)の記事画像
★横浜在住マダガスカル人マリアさんの手作りマダガスカル料理と伝統舞踊のゆうべ
★よこはま若葉町多文化映画祭2015
★韓国のアーティストリ・ジョンシク監督短編上映+トーク&交流会
△【「ITECHO凍蝶圖鑑」関連】大黒堂ミロさん交流会
同じカテゴリー(★2015よこはま若葉町多文化映画祭)の記事
 ★横浜在住マダガスカル人マリアさんの手作りマダガスカル料理と伝統舞踊のゆうべ (2015-09-11 17:51)
 ★よこはま若葉町多文化映画祭2015 (2015-08-26 23:04)
 【食】8月30日(日)のみ!マレーシア映画ヤスミンアフマド監督作品関連「マレーシアのソウルフード・ナシレマ弁当販売!」 (2015-08-26 22:01)
 ★韓国のアーティストリ・ジョンシク監督短編上映+トーク&交流会 (2015-08-20 18:01)
 △【「ITECHO凍蝶圖鑑」関連】大黒堂ミロさん交流会 (2015-08-20 15:19)
 ★福岡アジア美術館セレクション上映+学芸員トーク (2015-08-19 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。